ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



またまた疑惑のオンパレードの朝日系がやっちゃってますね。

先日の新聞記事に引きつづき今回は報道ステーションが

原発に関する事実誤認報道で謝罪・・・・合計7人が社内で処分されたらしい。

事実誤認報道っていうか、ようは単に「でっち上げ情報」だよね。

報道では無い。

しかもこの処分が甘すぎるって話題にもなってるらしい・・・・



基本的には誤認なんて無い前提で行うのが「報道」なんだよね。

しかも自分らの都合の良い内容に編集するなんて・・どうよ?

なんだか人の上げ足とる技術ばかりが、先行してて

本来の社会的役割は何にも果たしていないよね。

このままじゃ報道ステーションってよりは「非道ステーション」のまま

終わってしまいますばい(^^)

社名に「朝日」なんて使ってんだからせめてお天道様に

恥じない仕事をしていただかないとね・・・頑張って下さい。








スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


ウォーキング デッド♯2を観たよ。

いぁ~ますます目が離せなくなりました。

彼は食糧調達の時、水の中から飛び出して来た

ウォーカーに噛まれていたのかなぁ??

一人泣きながら教会の外にいたのは、自殺もしくは

仲間から離れようと思ったのかな?

それにしても人肉をむさぼるなんて恐ろしいことやね。

そういえば、昔どこかの国に飛行機が雪山に墜落して

人肉を食べながら救助を待ったっていう悲惨な事故が

あったよね・・・今回とはケースが違いすぎるけど。

話を戻して、あの神父にはどんな秘密があるんだろうね・・・

また途轍もない展開が待ってるんだろうね・・面白いわ(^^)


テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画


ローラさんの父がまたもや事件を起こしたと話題になってる。

今回は簡単に言えば不正受給らしい・・・・

このように本人には無関係のところでペナルティーを負わされる

ってホントに気の毒だなぁ。

前回の事件の時も人気絶頂の時にCMやお仕事が激減した

と思う。

ようやく軌道に乗り始めたところでこんなんなんじゃ気の毒だわ。

父よしっかりしなさいや!!

話は変わるけど事件と言えば、山Pのトラブルも話題になってるね。

週刊誌によれば、ことの発端は同じジャニーズの錦戸君にあると・・・

その際一緒に赤西君もその場に居たらしく、お酒を飲んでいたとは

いえ止めることは出来なかったのかねぇ~・・・

こちらは自ら招いた事件なので仕方ないか・・しっかり反省下さい。


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


エボラに関したニュースば流れていた。

アメリカの国民の70%が西アフリカから渡航する人々を

制限すべきと思っているらしい。

政府も渡航者の健康状態をこまかくチェックしているらしい。

仕方無いよね。

日本ではどのくらいの危機管理を行っているんだろう?

これといった報道がないのでよくわかりませんなぁ・・・

正直日本の報道ってこんな時に何取材してんだろうって

思ってしまう。

取材内容も甘くて誤報やねつ造した記事が多く謝罪ばかり・・

最近、ジャーナリズム、ジャーナリストって聞くとまずもって

言葉巧みに人々を欺く方々ってイメージになってますね。

うん?こっれて詐欺のインテリバージョンじゃん(^^)

中には真面目に頑張ってる方もたくさんいるとは思うけどね。

国民の新聞離れも仕方無いね。


話を戻して、エボラの件ですが、日本にはエボラに効果がある

未承認の薬があるとか・・これが有効であることを祈ろう。










テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


先週に引き続き第2話も見ました・・自分にしては珍しい(^^)

今回は仲村トオルさんがゲスト出演してましたが、

なかなか面白かったです。

竹野内さんや仲村さんのような超二枚目が軽い役を

されてるギャップもいいのかなぁ・・・・

もちろん役どころのここ一番では凄い演技をされてましたけど・・・さすがです。

今後も大物ゲストが登場するの楽しみですわ。

そうそうバカリズムの脚本いいですね~

なんだか人柄を感じます(^^)


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ウォーキング デッドのシーズン5が始まった。

前シーズンではこれまで安息の地であった刑務所を脱出、

バラバラになったリックを始めとする仲間達はそれぞれに

終着駅と称する(サンクチュアリ)を目指す。

そのサンクチュアリもある悪意のあるグループの巣窟に

なっており、ようやく到着したものの皆捕らわれの身に・・・・

とある事件をきっかけに、仲間達は合流し、このサンクチュアリを

脱出する・・・・・さぁこれからどんな展開になるのだろう??

毎回このドラマの特撮には驚かされるが、さらにパワーアップ

したように思える。

毎回毎回ハラハラドキドキさせられる展開が続く・・楽しみ(^^)



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


現在、「素敵な選タクシー」に出演中の俳優の竹野内豊さんと

女優の倉科カナさんが交際宣言をして話題にになってるね。

17歳の歳の差カップル・・・17歳差すごい・・

まぁ、あの竹野内豊さんだからこのくらい当然ちゃ当然なのかも

知れないけどね・・・モテ度が違うから(^^)

倉科カナさんって以前芸人よゐこの濱口君と付き合ってらしいね。

竹野内さんと濱口君・・・共通点なんだろう??

たぶん 「男らしさ」 かな竹野内さんは言うまでもないけど、

濱口君も無人島でのあの奮闘は全国の知るところだもんね。

でも今回は竹野内君が「獲ったど~!!!」カナ(^^)


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


アメリカで2名?の感染が確認されているけど、

これ以上拡大しないことを祈るしかないね。

こんなこと言ってはいけないけれど、西アフリカは

どこか遠い・・対岸の火事的な気がしていたが、

アメリカとなると話は別だよね・・・遠くて一番近い国だもんね。

しかも飛行機に乗って西アフリカから戻って来た

というから機内感染の可能性もあるよね。

搭乗していた方々の健康調査が行われいるよう

だけどどうなんだろう?

今こそ国境を越えたプロジェクトチームでこの危機を

乗り越えなきゃいかんです。

日本人の能力が頼りにされる時かも。



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


珍しく二日連続で新作ドラマを見た。

昨日の信長協奏曲に続き昨日は『素敵な選TAXI』(すてきなせんタクシー)。

こちらは竹野内豊君が主演で過去に戻れるタクシーの運転手を演じていた。

こちらもなかなか面白かったですよ。

そういえば、以前、過去に戻れるドラマあったてましたね、ロスト・・・??

ハリウッド映画でも「バタフライ」?だっけ過去に戻って必死に未来を

修正しょようとするのがありましたね。

このタイプの作品ではなんといっても「バック・トゥー・ザ・フューチャー」が

ありますけどね(^^)

このドラマの脚本はバカリズムらしいです・・・才能豊たかやなぁ~



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


昨日からスタートした小栗旬君主演の「信長協奏曲」

家族に付き合って観てたけど案外面白かった。

出演の役者さん達も名優が揃っててしっかり脇を固めて

ました。

まぁあえて言わせてもらえば、信長がいくら歌舞伎者とは

いえ、あの髪形とパーカーは無いんじゃないかと。

いくら落馬してちょっとおかしくなったとはいえ親兄弟や

家臣までもが影武者と気付かないというのはね・・・・

でも、ファンタジー娯楽作品だからいいんだよねきっと(^^)

そうそう今日から始まる、竹野内豊君のドラマは

バカリズムの脚本だってね・・・面白いかも(^^)


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


大型の台風19号の影響で博多にも風が出てきた。

最近の台風の中では大型で今回は大雨だけでは

済まないかも知れない。

今後は日本列島も縦断していく恐れもありまんで、

皆さん十分に気を付けて下さいね。



テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


最近、一番注目してる役者の染谷将太君と、

これまでにほとんど縁がない役者の大泉洋君が

共演してる映画。

染谷君の作品はこれまでに「ヒミズ」「悪の教典」「woodjob」etc.を

観たし、まもなく公開の「寄生獣」も鑑賞計画に入っとります。

ところが大泉君はこれまでドラマでさえお目にかかってないので

その人気のほどが理解できてないんですわ。

なんでも「水曜日にあいましょう」って番組には根強い

ファンがついてるらしい。

この機会に彼の魅力もチェックしとこう(^^)

ストーリー(シネマトゥデイさんより)

北海道の空知に暮らす、アオ(大泉洋)と一回り年の離れた弟のロク(染谷将太)。
父親が遺(のこ)したぶどうの木でアオはワインをつくり、ロクは小麦を育てていた。
黒いダイヤと称されるぶとうピノ・ノワールから醸造した理想のワインづくりに悪戦苦闘しているアオと
そんな彼を見守るロクの前に、キャンピングカーに乗って旅をしているエリカ(安藤裕子)という女性と出会う。
何とも言えぬ不思議な魅力を放つ彼女との交流が、兄弟の生活にちょっとした変化をもたらす。


テーマ:邦画 - ジャンル:映画


SEKAI NO OWARIが10月4日より富士急ハイランドで行った

 「TOKYO  FANTASY」 3daysの内、6日は台風のため中止と

なったらしい・・・さぞかし残念だったろうなぁ・・


彼らのことはブログの中で度々紹介してるけれど、ホントに

クリエイティブなバンドだよ。

アイデアから会場作り、演出まで自分たちでこなしてしまう

なんて、これまでにそうはいなかったし。

きっと音楽以外の部分でもチャレンジを続ける彼らだからこそ

若者のカリスマとして支持されとるんやろうなぁ~

彼らは無名の頃、色んなライブハウスで思うように力が

発揮出来ず、それならばということで、自分たちの音楽を信じて

自分たち手作りでライブハウスを作っちゃったというのだから凄い(^^)

やっちんも若いころちょこっとライブハウスに出たことあったけど

訳知り顔のオーナーさんが「そんな曲ウケネェーよ」なんて平気で

言うわけよ・・・凹んだわ(^^)

その話は置いといて、やっぱ彼らは類い稀なタレントを持ってる。

間違いない!・・・古い(^^)



テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


今日は下記の携帯に関する記事を読んで

中国には羞恥心って言葉は存在しないのだろうかと

思った。

多くの文化は中国から伝来したっていうけれど、

今やそれさえも信じがたいほどだわい。

それほどの国が今となってはなんでもかんでも

欧米や日本のパクリのオンパレード。

オリジナリティーの欠片も無い。

まぁ中国人全てがそうではないことはわかってるけどね。

さて話を戻すとして、次のような記事を目にしたんよ。

「韓国メディア・東亜日報の中国語版は9月27日、
中国で急成長する電子製品メーカー・小米(シャオミ)の本社で
担当者に「小米はiPhoneをパクッて伸し上がった」との話をしたところ、
担当者が怒りながら否定したと」 報じたそう。

どう見ても i phone なんだよね・・・・
あのキティーちゃんもガンダムもほとんどそのまま。
研究重ねてデザインしたってことだけど・・・

日本に生まれて良かった・・心底そう思う(^^)


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


さきほど、玄関に出て十三夜の月を拝んできた。

十五夜はよく聞くけど十三夜はそれほど話題にらなないような?!

この十三夜のことよくわからなかったので、何かに載ってた

説明を引用させてもらいました・・・スンマセン(__)


【十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。
十五夜(中秋の名月)から約1か月後に巡ってくる十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれ、
昔から大切にされていました。十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、
縁起が悪いといわれています。
また、十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」ともいいます。】
どちらの月も観といて良かったわ(^^)



テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2014 やっちんがゆく!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。